• Yamanakako Cyclisme Formation

    トム選手がウインターロードで8位

    前日修善寺CSCコースで開催された「第2回ウインターロードレース大会」のAクラスにて、トム選手が一人で参戦してきました。チーム右京や多くのJプロツアー選手が参戦していることから、レベルの高い戦いが予想されていました。

    2周目に集団の落ち着いたペースを断ち切ったのがチーム右京の吉岡選手のアタック。一人で飛び出し、集団が見送る中で徐々に差を開けていきました。その後、同じように飛び出すことに成功した選手が数名出てきて、トム選手も何度も攻撃しましたが、正しいタイミングを見つけることができない中で、先頭と追走とのタイム差が徐々に開いていきました。

    残り4周のところで、ようやく差を作ることに成功し、追走に追いつくことに専念しながら、同行するイナーメの選手と一緒にローテーションを進めていきましたが、体力が消耗していく中で、追走に追いつくことができないまま、8着でレースが終わりました。

    トム選手の感想

    「吉岡選手が飛び出してから、何度も飛び出そうとしましたが、マーク激しく、タイミングを見つけるのに時間がかかってしまいました。増田選手と畑中選手が追走に合流した動きは自分のアタックがきっかけでしたが、追いつかれて集団に戻ったタイミングで差が再び開いていきました。結局、ようやく飛び出しが成功した時はもう手遅れでした。しかし、チームのマネジメントや仕事で練習時間が確保できない中で、山中湖の厳しい冬でもしっかり走れていることを確認できて、これからも日本人選手に良い刺激を与え続けていけたらと思います。」

  • Vélo Club Corbas

    スペイン合宿とフランス開幕戦!

    香山選手とレイ選手が昨日、所属チームの「Vélo Club Corbas」が6日間に渡って行っていたトレーニングキャンプを経て、スペインの「エンプリア・ブラーバ」からリヨンへとフランスに帰りました。VC Corbasは、今週末、アマチュア最高レベル「エリートナショナル」の中でも高く評判されている「Grand Prix du Pays d’Aix」で2019シーズンを開幕しますが、山中湖シクリスムフォーマション所属選手の参戦としては、レイ選手のみとなります。

    香山選手は、翌週の「GP de Chavanoz」というカテゴリー2の大会に参戦し、上位を目指していきます。その次に、香山選手は「La Multipole」というカテゴリー2のステージレースに参戦します。このステージレースは、チームタイムトライアルを含む3ステージにて行われ、「Chambéry Cyclisme Formation」というAG2R la Mondialeの下部育成組織が総合ランキングを4連覇中です。

    合宿中に行われたチームタイムトライアルのトレーニングでは、香山選手の走りが評価されたので、香山選手はカテゴリー2チームのエースとして総合上位を狙い、カテゴリー1昇格が少しでも早くできるように力を尽くしてまいりますので、応援を宜しくお願いします!

  • Race Report (JP),  Yamanakako Cyclisme Formation

    森崎選手がチーム史上初優勝!

    本シーズンに向けて、いよいよ全国各地の大会においてチームカラーが輝きだしています!前日、大会に出場した2名のレースレポートをお届けします。

    【平田クリテリウム 第2戦】(愛知県) 森崎選手 C1 優勝

    森崎選手は、1月のウィンターロードレースと2月のAACAカップ第2戦に引き続き、今期3戦目として愛知県でシリーズ戦として開催されている「平田クリテリウム」のトップカテゴリーとなる「C1」に出場しました。シリーズとして2連勝いう状況の中で、見事に勝利し、連勝数を3連勝に上げることができました!

    得意としているスプリントに全てをかけることなく、序盤から自らレース展開を作っていく中で、逃げが決まらないと確信し、スプリント勝負に作戦を切り替えた結果、2着の選手にかなりの差をつけ見事に優勝しました。

    シーズンが本格的に始まる前からも、チーム初優勝をあげることができたので、自信を持って公式戦に臨むことができます!

    (C) USUI, M.HATTORI

    【湘南シクロクロス 第3戦】 (神奈川県) トム選手 C1 5位

    トレーニングを兼ねて、トム選手が湘南シクロクロスの第3戦(開成町会場)に出場してきました。県チャンピオンなどの実績も含めて、フランスで若いころからシクロクロスを走ってきたトム選手ですが、第1戦はC2カテゴリーで2着の選手に1分半以上の差を付け優勝していたので、初のC1カテゴリー参戦となった今回の大会での走りが期待されていました!

    最後尾でスタートをしたものの、すぐに番手をあげ、2周目に入るところでは5番手、3周目は2番手と、徐々に先頭に近づいていきました。ところが、コーナーでミスをして、一旦番手を下げてしまってから、テクニカル区間で少し詰めていく差を、向かい風の直線区間でローテーションしているSNELシクロクロスチームの選手たちが再び開けていくという展開が繰り返され、5着でゴールしました。

    今回は優勝には届きませんでしたが、限られた時間の中でトレーニングを組んでいるトム選手が安定のコンディションを見せてくれました!

  • Vélo Club Corbas,  Yamanakako Cyclisme Formation

    香山選手が無事にフランスに到着しました!

    香山選手とリシャール氏の握手

    香山飛龍選手が今日、リヨン • サン=テグジュペリ国際空港に到着しました。ヴェロ • クラブ • コーバの会長、リシャール • アランドリ氏とチームアテンダントのクレマン • セーレ氏にお迎え頂き、早速おかわり自由のセルフサービス型レストランとして自転車選手間で有名な「フルンシュ」(Flunch)で夕飯を食べ、チームアパートに案内して頂きました。

    16日(土曜日)からは早速スペインのエンプリア • ブラーバでチーム合宿が行われます。合宿が終わったら、グラン • プリ • デゥ • ペイ • デックス(Grand Prix du Pays d’Aix)、エリートナショナルカテゴリーに参戦します。DN1フランスカップにも登録されたこともある、フランスの最高レベルです。

    これから香山選手にとっては長い旅が始まりますので、日本からの温かい応援を宜しくお願い致します。

    クレマン氏とお食事
    成田空港の出発ロビーで家族や友達とお別れ
  • Yamanakako Cyclisme Formation

    チームプレゼンテーション

    2月3日(日曜日)、山中湖村平野にある「ダラスビレッジ」にて、チームプレゼンテーションを開催しました。80名以上の方々にお越し頂き、チームとして最高のスタートを切ることが出来ました。山中湖サイクリングチームが運営するトップチーム「山中湖シクリスムフォーマション」のチーム体制、スタッフ、選手、施設やレーススケジュール、そしてフランスへと繋がる新たなルートの開拓について、チームマネージャーを務めるボシス・トムが熱く説明しました。

    その後、選手やスタッフがチームを応援するサポーターや関係者と一緒にバーベキューを楽しみ、交流を深めました。

    これから、山梨県初のトップ自転車ロードレースチームとして、日本最高峰レベルのチームを目指しながら、世界で通用する選手の輩出に努めて参ります。

    応援を宜しくお願い致します!

  • Yamanakako Cyclisme Formation

    2019シーズン チーム体制

    本日のチームプレゼンテーションをもって、山梨県山中湖村地域密着型〜世界的育成型サイクリングチーム「山中湖シクリスムフォーマション」が発足します!

    たくさんの方にお越しいただき感謝申し上げます。これから力を尽くしていきますので応援を宜しくお願い致します!

    山中湖シクリスムフォーマション
    2019シーズン チーム体制

    【スタッフ】
    マネージャー ボシス トム
    スポーツディレクター兼トレーナー 齋藤 清史
    アドバイザー 木下 智裕

    【選手】
    森崎 英登 (Matrix – Powertagから移籍)
    塚本 一樹 (Kinan Cycling Teamから移籍)
    山之内 壮真 (横浜高校から移籍)
    Enric LEBARS (Team Briquebec Cotentinから派遣)
    Valentin REY (Vélo Club Corbasから派遣)
    香山 飛龍 (横浜高校から移籍)
    Tom BOSSIS (東京ヴェントスから移籍)