クラブサポーターズライダーズレーサーズ入会について

レーサーズの部

本場ヨーロッパ式の活動環境の中で、レース活動に取り組むクラブチーム。プロ選手に近い環境の中で、自転車競技に挑戦してみたい、プロ選手に求められる知識・技術を身に付けたいという方を歓迎している。

ヨーロッパのクラブチームに見習った活動内容

山中湖シクリスムフォーマションとの合同合宿や定期的な練習会のほか、フランス自転車競技連盟(FFC)のスカウティングプログラム認定テストに基づいたパワー測定、そしてそのデータを活かしたトレーニング指導を行います。トレーニング面意外にも、メカニックやマッサージなど、山中湖シクリスムフォーマションのスタッフがアスリートに求められる総合的なノウハウも身に付けられます。

また、協定を結んでいるフランスの「Vélo Club Corbas」と一体となり、夏休みを活かした任意の体験型育成遠征も行う予定です。日程の調整に寄る部分もありますが、10日間程度の滞在期間の中で、カテゴリ3、カテゴリー2、そしてスケジュールが合う場合は「Fédérale juniors」というジュニアカテゴリーの全国大会で構成されるメニューを考えています。

育成の責任は選手本人や家族ではなく、クラブが担うシステムに

「ライダーズの部」の特徴としましては、年会費という形で、クラブが全面的な管理を行うことが注目されます。全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)への登録やその管理から、大会エントリーまで、(選手本人と相談した上で)クラブが行う。その代わりに、年会費という形であるため、選手が積極的にトレーニングやレース活動に取り組むことが前提となる。但し、学校との兼ね合いが重要とされている年齢でもあるため、高校生以下の選手は教育機関への所属が義務化されており、成績の低下による出場権の停止も。

山中湖サイクリングクラブの活動内容

競技関連費用の負担
① 実業団連盟(JBCF)への登録
② JBCF公認大会へのエントリー
③ チームウェアの提供 (!プランによって内容が異なる)
④ アテンダント講習費、申請料

成長できる環境の提供
⑤ 定期的な練習会の実施
⑥ パワーデータに基づいたトレーニング指導
⑦ 山中湖サイクリングベースの利用権
⑧ 山中湖シクリスムフォーマションの選手、スタッフによる指導 (実績次第で昇格あり)
⑨ フランス育成遠征の企画(遠征費は別当かかります)

5合目8合目SUMMIT
実業団連盟(JBCF)への登録の負担    ●    ●     ●
JBCF公認大会へのエントリーの負担    ●    ●    ●
アテンダント講習費、申請料の負担    ●    ●     ●
定期的な練習会    ●    ●    ●
サイクリングベース
パワーに基づいたトレーニング指導
    ●    ●    ●
山中湖サイクリングベースの利用権    ●    ●    ●
山中湖CFの選手・スタッフによる指導    ●    ●    ●
フランス育成遠征の企画(任意、遠征費は別当)    ●    ●    ●
レプリカジャージ    ●
プロ仕様ジャージ    ●
ビブショーツ    ●
Tシャツ モノクロ    ●
Tシャツ カラー    ●
1年225000円235000円250000円
半年120000円125000円140000円