紹介主催者インタビューコース
アクセス・観戦ガイド開催要項エントリー

開催要項

競技種目  ロードレース

開催日程  2019年11月3日

募集期間  7月中旬~10月27日 23:59

受付    前日 16:00 – 17:00
      当日 8:00~9:30

スタート  10:00

ゴール   12:30(最後尾、予定)
※ 先頭がゴールしたら、周回遅れの選手も含め、全ての選手が同じ周回でゴールとなる。周回遅れの場合は、周回数+先頭までの時間差の順で順位を与えられる。

規制時間  メイン会場前:9:00~13:00
      全コース:9:50~13:00

距離    94.5km(15周回)

定員    225名
      JCF登録者限定
      2002年以前生まれ(ジュニア以上)

参加費   一般      6500円
      ジュニア    4500円
      当日エントリー 6500円

カテゴリー

本大会は全カテゴリーが混走し、同時スタートとなります。そのため、「総合ランキング」と自分のカテゴリー、両方の順位が付きます

そして、レースを降りた順で順位が付くということで、参加者全員が順位を与えられることが保証されますし、場合によっては表彰の対象にもなります。

トップレベルの選手が総合優勝を競い合う中、ジュニアや女子の選手がどこまで食らいついていけるか?自分は果たして完走できるか?自分のカテゴリーで競い合う楽しみに加えて、トップ選手とはどれぐらいの差があるかが分かるのも本大会の一つの楽しみ方だと考えています。

総合

出走される全ての選手による総合ランキング。ゴール着順で表彰する。
表彰対象:1位~10位

女子ジュニアU2340歳以上50歳以上
女子選手
表彰対象:1位~3位
17・18歳(2001~2002年生まれ)
表彰対象:1位~3位
19・22歳(1997~2000年生まれ)
表彰対象:1位~3位
40~49歳(1970~1979年生まれ)
表彰対象:1位~3位
50~59歳(1960~1969年生まれ)
表彰対象:1位~3位

+

King of Mountains
(山岳賞)

籠坂峠を通過するたびに、ポイントが配布される(競技規則を参考にしてください)。合計ポイント数によって下記のカテゴリーが表彰される。

表彰対象:
総合 1位~3位

King of Sprints
(周回賞)

ゴールラインを通過するたびに、ポイントが配布される(競技規則を参考にしてください)。合計ポイント数によって表彰される。

表彰対象:
総合 1位~3位

スケジュール

日程 時間 項目
2日(土) 16:00 – 17:00 前日受付
. . .
3日(日) 7:00駐車場、メイン会場オープン
  8:00 – 9:30 当日受付
  9:45スタートラインに集合
  10:00レーススタート  
  12:30先頭ゴール
  12:45最後尾ゴール
  13:00表彰式
  15:00会場クローズ(予定)

競技規則

本大会はJCF及びUCI規則に従うものとする。

第1章 総則

1.競技規則総則

この大会は東京2020オリンピックの機運醸成及びレガシー(遺産)を図ることを目的とする。本大会はUCI,JCF 競技規則およびペナルティースケールに従う。特別条項については大会特別規則を定める。追加及び修正情報を本HP上で発表することがある。

2.競技規則の熟知

この大会に参加する選手、チーム役員は上記規則および、競技車両運行の慣例を熟知していることを前提としている。したがって、UCI,JCF競技規則、本大会特別規則を知らないことはペナルティースケール適用除外の理由とならない。

第2章 競技前まで

1.参加資格

本大会参加資格を下記の条件を満たすものとする。

・JCF登録をしていること
・自転車ロードレース大会に出場経験があること
・2002年以降に生まれたこと(ジュニアカテゴリー以上)
(2002年/2001年生まれの選手、最大ギヤ7.93mを条件とします)

本大会においては、学連登録選手であっても、2001年生まれの選手はジュニア選手として最大ギヤ比の制限をかけます。

2.エントリー方法

https://gicz.jp/open/yama01
10月27日 23:59までに上記のURLにて行います。ジュニア(2001年~2002年生まれ):4500円 一般:6500円
当日も、会場受付にて6500円でエントリーを承ります。但し、定員になった場合は、お断りさせて頂くことがあります。

3.返金

どんな理由であっても、エントリー費の返金は致しません。但し、前日までに本大会が中止となった場合のみ、エントリーされた方に第2回開催にてエントリーを無料と致します。

第3章 ライセンスコントロール

本大会はJCF登録選手のみ参加を認める。2019JCF選手登録証又は登録申請書選手控えを持参し、受付時に行われるライセンスコントロール時に提示する。

JCF登録が証明された選手にはライセンス忘れとして3,000円を請求します。

主催者には選手が登録している自転車競技連盟に登録確認を行う権利がある事を承認して頂きします。

第4章 ニュートラルスタート

最初の1周(6.3km)をニュートラルスタートとする。但し、ニュートラルスタート走行中に落車や機材トラブル
が起きた場合は遅れる選手を待たない。ゴールライン通過時点でリアルスタートとし、競技開始となる。

第5章 順位、成績

1.足切り

残り5周まで、先頭から8分以上離れた集団を足切りとする(それ以降は足切りをないものとする)。足切りになった選手は、足切りの順で順位を与えられ、走りきれなかった場合でも、表彰対象とする。

2.順位

先頭の選手が全距離(6.3km×15周回=94.5km)を走り切ったら、10周目以降に周回遅れとなった選手も含めて、すべての選手がその周回でゴールする。周回遅れの選手に関しては、周回数順、そして着順で順位を与えられる。

3.ランキング

チームスポンサー関連用品、地本生産品を検討する。
表彰以外にも、カテゴリー別のランキングを全て公表する。

・総合ランキング (表彰対象:1位~10位)
ゴール着順で表彰する。

・女子 (表彰対象:1位~3位)
女子の選手に限り、ゴール着順で表彰する。

・ジュニア (表彰対象:1位~3位)
17歳~18歳(2001~2002年生まれ)の選手に限り、ゴール着順で表彰する。

・U23 (表彰対象:1位~3位)
19歳~22歳(1997~2000年生まれ)の選手に限り、ゴール着順で表彰する。

・40歳以上 (表彰対象:1位~3位)
40歳~49歳の男性に限り(1970~1979年生まれ)の選手に限り、ゴール着順で表彰する。

・50歳以上 (表彰対象:1位~3位)
50歳以上の男性に限り(1960~1969年生まれ)の選手に限り、ゴール着順で表彰する。

・King of Mountain(山岳賞)

➔ 総合 1位~3位

籠坂峠の登りの頂上付近に「KOM」計測ラインを設置する。1周目を除き、週回毎(合計13回)に、着順によって、以下のポイントが分与される。合計のポイント数によって表彰する。

 総合
1 着 5pt
2 着 3pt
3 着 1pt

・King of Sprints(周回賞)

➔ 総合 1位~3位

ゴールラインを周回賞の計測ラインとする。1周目と最終周回を除き、周回毎(合計13周回)に、着順によって、以下のポイントが分与される。合計ポイント数によって表彰する。

総合
1 着 5pt
2 着 3pt
3 着 1pt

第6章 機材交換

機材の交換は、下記の2ヶ所に限り行う。

・スタート~ゴール地点
・フィードゾーン

それ以外の場所で機材の交換が行われた場合、ペナルティーの対象となります(3000円)。ニュートラル周回は認めない。

第7章 補給

補給は、主催者から定められた「フィードゾーン」に限り行う。それ以外の場所で補給を受ける場合は、ペナルティーの対象となります(3000円)。
補給するスタッフは道路にでないこと。
補給を受けたい選手が走路左側に進路を変更すること。

第8章 片側交互通行区間

4.8km時地点(ドッグリゾートワフー前)から 5.1km地点(山中湖乗馬クラブ馬車道前)までの間(340m)は、片側交互通行区間が設置されます。その区間内は、全長フェンスで車道と競技走路が仕切られ、競技走路が狭くなるため、追い越しを禁止とします。フェンスの外側に車が対向する場合があるので、極力安全を守り走行して頂くようお願い致します。

第9章 計測

1.ゼッケン

選手は本人に割り当てられたゼッケンを正しく着用すること。(2枚とも5cm以上離し、縦にポケット部分に着用)

2.チップ

チップはフォークの右側に付ける。

3.返却

選手又はチームマネージャーがゼッケン、チップを全競技終了後60分以内に受付にて返還すること。
両面テープをゼッケンに使用したチームはその場で罰金を支払うこと(3000円)。
ゼッケン、チップを返還しない場合ペナルティーの対象とします(1セットに付き15000円)。
共通機材と交換した車輪等を競技終了後本部付近にて返還します。

第10章 機材、服装

1.ジャージ

同じチーム名でエントリーした選手は、統一したジャージで出走しなければなりません。(ビブショーツに関しては問いません)

2.ヘルメット

公認ヘルメット以外の製品、ダメージを受けたヘルメットは使用不可。

3.機材

使用機材についてJCF競技規則16条検査を行う場合がある。

http://jcf.or.jp/files/downloads/2011/04/TECHNICAL-REGULATIONS-FOR-BICYCLES-ej.pdf

ジュニア選手の最大ギヤ比を検査する場合がある(7.93m)。それ以上のギア比で出走した場合は、ペナルティーの対象となります(3000円)。

第11章 ゴミ捨て

ゴミ捨てはコースのどこも禁止とする。ゴミを投棄した場合1回につき3000円のペナルティーとする。

このペナルティーに関しては抗議を認めない。

第12章 医療施設

富士吉田市立病院
〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田6530

コースから15分

0555-22-4111
http://www.fymh.jp/

当日救急医は会場において応急処置のみを行う。

第13章 追加情報

このテクニカルガイドの対する追加情報、質問は下記のホームページ参照のこと
http://www.yamanakakocyclingteam.fr/classic/