Base,  Club,  Event,  Team (一社),  Vélo Club Corbas

2020年活動方針について

1月11日のチームプレゼンテーションにて、2020年の活動方針も公表させて頂きました。下記にて、発表項目を簡単に説明させて頂きます。

教育✖自転車: 自転車カリキュラム

「自転車カリキュラム」とは、山梨県において、小学校から大卒まで、進学しながら自転車が楽しめる環境、又は自転車競技で強くなっていき、最終的には世界プロに繋がる道を開拓することを目標とする2年計画。 各年代に合わせた受け入れ体制を整え、2020年4月から始動します。

①小学校
・自転車教室: 山中湖シクリスムフォーマションの選手〜指導者が地域の学校を訪れ、授業の一貫として自転車の楽しみ・安全な乗り方を伝える。
・サイクリングスクール: ゲーム式の練習を山中湖サイクリングベースで定期的に行い、遊びながら子供が走行技術を学ぶ。
(2020年4月よりスタート)

②中学校
自転車部: 山中湖サイクリングチームと地域の教育機関が連携を取り、長期的な成長を目的とした自転車部活を発足する。
(計画段階、2021年よりスタート?)

③高校
山中湖サイクリングクラブ
~ライダーズの部:気軽に自転車を楽しみたい方を対象とした部門。
~レーサーズの部:真剣に自転車競技に取り組みたい方を対象とした部門。合宿型の練習会やトレーニング法の勉強など受けながら競技に取り組む。
(2020年から始動、こちらにて募集中)

④大学
世界プロを目指しながら進学できる環境を創る。
■国内では、進学しながら、競技に取り組める環境を整備。
パートナー機関:
 ・中央大学自転車競技部(2020年よりスタート)
 ・山梨学院大学(2021年よりスタート予定、調整中)
■フランスのクラブに派遣される選手が、交換留学生として、「リヨン第一大学」で語学の授業を受けながら世界プロ選手に挑戦する。

フランス育成遠征
フランスで山中湖サイクリングチームの第二拠点を整備し、2020年からはフランス育成遠征を事業化する。クレマン監督(VC Corbas第二監督兼YCTスタッフ)の指導の元、ジュニア、3/J、2/3/Jの大会を中心に、フランスのレース環境を体験する。(ジュニア以上)

観光✖自転車:サイクルツーリズム

東京2020の自転車ロードレースコース会場となっている国際的な観光地である山中湖村が「自転車の聖地」になっていくために、サイクルツーリズムにも力を入れていく。 山中湖サイクリングベースを拠点に、様々な事業を展開していき、サイクルツーリズムの拠点を築いていく。

①山中湖サイクリングベース:バイク整備サービス事業
チームのメカニックによるバイクメインテナンスが受けられる制度を導入。(土日限定)

②山中湖サイクリングベース:ロードバイクレンタル
山中湖サイクルベースにて、チームカラーのロードバイクの貸し出しを事業化していく。山中湖に来る際は、ロードバイクを持ってこなくても走行できる。

③フランス~アルプス体験ツアー(日本➤フランス)
協定を結んでいるフランスのクラブチームとの共同プロジェクトとして、2020年5月31日から6月7日まで、日本のサイクリストを対象とした「アルプス体験ツアー」を実施する。(別当発表)

④日本~富士山体験ツアー(フランス➤日本)
2021年からは、逆の取り組み(フランス➤日本)も計画していく。 フランス人のお客さんを対象に、富士山地域にて日本の魅力を自転車で体験できるツアーを計画・実施。(2021年より予定)

⑤季節毎のライドイベント
山中湖サイクリングベース発着のライトイベントを、季節毎に開催していく。観光〜グルメ〜交流を自転車で繋げるスタイルで、季節に合わせた内容〜コースを楽しめる。
 春:花見ライド
 夏:避暑ライド
 秋:紅葉ライド
山中湖サイクリングクラブのライダーズ会員は参加費無料。

まちづくり✖自転車:第2回山中湖サイクリングクラシック

2020年の日程
今年も、山中湖サイクリングクラシックを予定しております。現時点、10月4日の日程で調整しております。

ユース大会の発足
開幕戦として、エリートと同コース(籠坂峠を含む6.3kmコース)にてユース大会を予定しております。 フランスのカテゴリーを元とした設定で検討中です。

ライブ配信
観戦を楽しめるハイレベルなレースとして、価値を上げていくことを考えております。従って、2020年はライブ配信(音声か固定映像かのどちらかを検討中です)を予定しております。また、そのデータを活かした様々な取り組み(山岳賞付近でも音声を配信するなど)を考えております。

また、それ以外にもたくさんの取り組みを調整しているところです。随時公表して参りますので、楽しみにしてください!