National Team,  Race Report (FR),  Vélo Club Corbas

香山、福田とも世界最高レベルで健闘

今週土曜日、ナショナルチーム遠征でベルギー滞在中の福田選手と、初めてのエリートナショナル大会(フランスアマチュア最高ランクの大会)に出場した香山選手が、それぞれアンダー世代の世界トップ選手と戦っていました。

福田選手は、ベルギーで行われた「Youngster Coast Challenge」(ワールドツアー大会のゲント・ウェヴェルヘムの勝負どころでもあるケンメルベルグが中心となるU23限定の1.2UランクUCI大会)にナショナルチームの一員として参加していました。香山選手は、フランスでGrand Prix de Saint-Etienneという歴史のあるハードコースで行われるエリートナショナル大会に出場していました。二人とも、それぞれのチームから評価される走りを見せてくれました。

Youngster Coast Challenge
UCI1.2 
131km + 10.4km X 3周 合計162㎞
出場:福田圭晃(ナショナルチーム)
結果:DNF

福田選手によるレースレポート

今日はチーム戦略として、松田選手と蠣崎選手をエースにして走り、僕は監督の指示でスタートから前々で展開し、5人以上の逃げにはチェックし(自分からはアタックしなくていい)、エースを出来るだけ前でキープする事を言われ散るのは覚悟で出走した。

スタート直後からはやりアッタク合戦が始まり、常に5人以上の有力チームのアタックがかかっていたので自分と小野寺選手で交互に乗っていく。どのチームもお見合いのアタックが続き、結果的に勝負所ケンメルベルグまでアタックが起きることはなく集団で入っていく形になった。 レース中盤やケンメルベルグ前のポジション争いなので松田選手、蠣崎選手が後ろに下がってしまう場面では僕が風上からでも引き連れて行きいい場所などに連れ戻すなでいい仕事をして褒められた所もあった。 自分や小野寺選手はケンメルベルグ以降、グルッペットでの走りに終わった。

福田選手の感想
僕の反省としては、ケンメルベルグでもっと前で入れていれば集団で完走出来ていたと思うので我慢が足りなかった。 けれど、今回はチームの為に徹底して走り少しでもありがとうと言えてもらえたのはよかったかなと。だんだん走れてきているので勝負に絡んでいきたい。

トムGMの感想
ナショナル監督のオーダーに従って、1.2Uランクの大会でしっかり前で展開できること、そして自分を犠牲にしてまでエースのためになる走りをこなすことは、評価されるはず。アンダー1年目の選手として、福田選手は避けては通れないことをしっかりこなしている。しかし、レース展開を見てみると、1回目のケンメルベルグまで仕事をしっかりこなしたとしても、距離が短く道幅も狭いため、良い位置で登りに入れば、番てを下げてもメイン集団の中でクリアできるのではないかと思う。「散る覚悟で走る」と自己管理が出来なくなってしまうので、今度は仕事をこなしつつももっと終盤まで粘っていきたい。

Grand Prix Scieur-Lambot
Kermesse
8,3km x 14周 合計116km
出場:福田圭晃(ナショナルチーム)
結果:59位

福田選手によるレースレポート

目標としては、完走。これはモチベーション的にもヨーロッパに来てから一回も感想していなかったので気持ち的に完走はしたかった。でも完走と言っても、足を貯めて完走するのではなく足をしっかり使った上で(展開に応じて逃げなど)完走はするという事。

全体の試走が出来ていなかったので、1周目は様子見。コースの感じは3セクションに分かれる感じ。前半の平坦、下り基調。中盤のアップダウン。終盤の登り。
僕の考えはアップダウンの後半から登りが終わる平坦に入るまでの区間が大事だと感じたので、そこを重点的に走った。

毎周アッタクがかかりペースは速っかったのですが、決まりそうな逃げには乗って行く形となった。5から6周目の時重視していたところで集団が分断された所で自分は前でクリア出来てこれは決めれると思ったので自分から踏んでいき、最初は協調は取れなかったですが踏み続けたら協調が取れてき、回り始めたのですが、集団に捕まってしまった。
その後の登りで、今日一番のアタック合戦が始まり、足がある選手だけ踏み切ってそのまま逃げる形になってしまった。
その時、これはついて行かないと逃げが行ってしまうと思い、追っていた3人と回して踏み込んだが、追いつく事は出来ず集団に戻る形となった。
その後も追走に入る事もあったが10人を超える追走など、追走からアタックして5人以下で回して行く事もあったが、追いつく事はなく、最後の登りで力尽き只の完走で終わった。

今回は前にいることが多かったが、途中いいアタックをして行く選手が一度も見てない選手とかがいて強弱があり走りが上手く参考になった。
次はしっかり逃げを狙って走って行きたいと思う。

GP de Saint-Etienne
Elite Nationale
ニュートラル10km+150km
出走:香山飛龍
結果:89位

香山選手によるレースレポート

初めてのエリートナショナルレース。序盤から有力チームのアタック合戦になり、常に一本線状態になる。あまりのペースに前にはいけず、常に後ろに取り残される印象が強いレースになった(要反省) レースを通してグループが固まることは少なく、一貫して一本線状が続く厳しいレースだった。また、登りのあとは集団が延びると言うのはミーティングでわかっていたが、gpmを狙う選手によるペースアップに苦しみ、ポジショニングは苦戦した。

逆に前に位置できた時は登りで有力勢の追走に反応。プロトンにいても位置を落としてしまう可能性があるのと、corbasが逃げを含めて乗れていなかったので反応した。この追走も千切れそうになるが、粘り続ける事が出来た(数人こぼれた)。しかしコントロールを始めたプロトンに吸収され、ここからは有力チームのコントロールする展開に。 仕事としては他にエースのalexを登りの手前で前まで引き上げる事に成功した。 大袈裟な表現かもだが、何度か死にそうになったが耐えたものの、130km地点の勝負どころの峠で千切れてしまった。全力を尽くしたが厳しく、バラバラになった後グルペットになった選手とフィニッシュした。

香山選手の感想
初エリートナショナルを完走できたのは良かったが、プロトンから千切れてしまった。 全く動けなかった訳ではないが、ポジショニングは悪く改善をこれからしっかり煮詰めていく。一本線状の休みが殆どないレースだったので、もっと脚を使ってでも前を維持することが求められていたなと思う。 手応えはあるので成長してエリートナショナルで勝負に加わりたい。

トムGMの感想
長い峠を5回登る、初めてのエリートナショナル大会で、先ず完走ができることは大きな出来事。しかし完走だけではなく、十数kmに渡って追走集団で逃げを追う動きを見せてくれた。ジュリアン監督を始め、コーバのメンバーに評価されました。このまま大会を一つ一つこなしていけば、いつかゴールまで勝負できることは間違いない。

Laisser un commentaire

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée. Les champs obligatoires sont indiqués avec *