Race Report (FR),  Vélo Club Corbas

香山選手が仏で初のステージレースに参加!

3月3日にフランスの方でシーズンを開幕した香山選手は、Vélo Club Corbasの一員として2戦目となる「ラ・ムルティポール」という2日間にわたって3ステージで行われるステージレースに参戦しました。カテゴリー2ということでエリートのトップ選手は参加していないとはいえ、チームタイムトライアルも含んでいるこのステージレースには、AG2R la Mondialeの下部育成組織である「Chambéry Cyclisme Formation」をはじめU23を中心に各地のDN1チームのリザーブチームが参戦しているハイレベルな大会です。

1日目は、アタック合戦が長く続いた結果、VC CorbasのHugo Malfreyt選手を含む13名の選手が先行する展開に。香山選手はアシスト役を果たし、最終局面で集団の頭を狙うべくスプリントに絡んで集団の10番手近くでゴールし25位という結果に。

2日目は、午前は15kmのチームタイムトライアル、午後はラインレースという豪華メニューでした。香山選手をはじめ、VC Corbasはタイムトライアルに特化している選手が数人参戦しており、上位に入ることでウゴ選手の総合順位を上げることを目標にしていたが、6位という悪くも良くもない結果で終わりました。午後のラインレースは、VC Corbasのメンバーは攻めのレースを任され、序盤で決まった逃げには2名が入っていましたが、香山選手は後ろに残され、再びアシスト役に回りました。チームメイトは3位と4位に入り、ポイント賞を手に入れるなど健闘しましたが優勝には届かず、香山自身は43位でゴールしました。

香山選手の感想

車がいきなり現れたり、シューズ、ハンドル、肩が当たる感じも戻ってきて凄く楽しかった(デンジャラスで良いレース)が、うまく展開に噛み合わせられなかつまたのが悔しい。しかしコンディションは良く、落車も避けて先頭付近に位置できているので、今後チャンスを狙っていきたい。

トムGMの感想

香山選手は、シーズン序盤から、タイミング良く動かないと強くても勝負に絡めないという、日本国内にないような密度の高いレースを体験しているところなので、多少の調整が必要ですが、現地にいる香山選手は感覚が良く調子も良いそうなので、そのまま努力を続ければ、チャンスはやってくるでしょう。段階を踏んで成長できるのがVC Corbasの良いところなので、今後の活躍を楽しみにしているところです。

Laisser un commentaire

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée. Les champs obligatoires sont indiqués avec *